特別な時期であるゴールデンエイジ期

9歳〜12歳ごろまでをゴールデンエイジ期と呼びますが、この時期は「本当に特別」で
見たまま・感じたままのイメージに従って体全体で技術を習得していきます。

そしてこの時期に脳が学習したことはなんと、一生忘れることはありません。

例えば...
この頃に身につけた自転車や水泳は大人になって久しぶりにやっても忘れません。

有名なスポーツ選手の例でいうと、イチローや松井選手、石川遼選手等のコーチは、
彼らの小学生時代のフォームが後に完成したフォームとほとんど変わりがないと言います。

9歳〜12歳のゴールデンエイジ期に出来上がったフォームが、将来に確実に残るということが考えられるのです。

では、この大切な時期に何を意識して運動をさせるのが良いのでしょうか?

正しい動きを脳に叩き込む

ゴールデンエイジ期のもう一つの特徴は、見よう見まねですぐできてしまうこと。

初めてチャレンジする動作でも、手本を見ただけでできてしまうことがよくあるんです。

筋肉が発達しきっていないからこそ、「正しい動き・正しい技術を覚える」ことが最も適した時期になります。

運動能力を伸ばすもう一つのポイント

もう一つ運動能力を伸ばすにあたり大切なポイントがあります。
それは、心と体は繋がっているということ。

自信をなくしてコンプレックスになる可能性もあるため、できないことに言及するのではなく、
小さなことでも褒めて伸ばしてあげてください。
褒めるところが見つからなければ「頑張っている●●ちゃんかっこいいね!」でもOKです。

いちサポーターとして、心にもしっかりと寄り添ってあげてくださいね。
湘南GoldenAgeアカデミー
□藤沢江ノ島校 □目黒校 □湘南台校 □汐見台教室 □学芸大学駅前校 
□自由が丘校 □都立大学教室 □鎌倉教室
□オンライン体育家庭教師コース □オンラインパーソナルコーチコース □パーソナルコーチコース