跳び箱が得意=運動が得意とは限らない

跳び箱を何段も飛べる、縄跳びを何回も跳べる子はすごく運動が得意なように感じますが、
実は長い目で見るとそうとも言い切れないのです。

幼児の運動能力全国調査では、特定の体育指導を受けた子よりも、
遊びで体を動かしている子のほうが体力テストの点数が高いという結果が出ているんです!

運動に必要な能力は大きく2つある

能力を大きく2つに分けると「運動コントロール力(運動神経)」と「運動体力」に分かれます。

運動コントロール力は、転ばないようバランスを取る、歩くときと走るときで
足のリズムを変えるといった"身のこなし"のことをさします。
幼児期に色々な動きを経験するとたくさんの神経回路ができ、運動神経の良い子が育ちます。

もう一つの運動体力は筋力・持久力・瞬発力などを指します。
成長ホルモンが盛んに分泌される10歳以降に育つといわれています。

幼い頃から特定のスポーツを習わせるのも良いのですが、運動の基盤となる力を育てるためには、
さまざまな動きを複合的に経験させてあげることをおすすめします!
湘南GoldenAgeアカデミー
□藤沢江ノ島校 □目黒校 □湘南台校 □汐見台教室 □学芸大学駅前校 
□自由が丘校 □都立大学教室 □鎌倉教室
□オンライン体育家庭教師コース □オンラインパーソナルコーチコース □パーソナルコーチコース