ウォーミングアップは入念に

寒い冬のトレーニング前は、入念なウォーミングアップが重要です。
寒い中いきなり身体を動かすのはとても危険ですので、できれば寒くない場所で体に内側から暖まってくる程度行いましょう。
また、ストレッチや軽い屈伸運動で身体を温めるだけでなく、筋肉の緊張をほぐして柔軟性を高めることでケガの予防になります。普段からウォーミングアップをしっかりやっているお子様でしたら、それに加えてウォーキングやスロージョギングを行うことで、より身体を暖めることができます。

「首」を暖め、厚手より重ね着

首、手首、足首の3つの「首」を暖めると、体感温度は4度上がると言われています。
ネックウォーマー、手袋、長い靴下、などの小物類で、3つの首を露出しないようにしましょう。
また、厚手のウエアを着るより、重ね着をして身体が温まってきたら服を脱いで、体温調節ができるようにしておくと良いでしょう。
運動後も身体が冷える前に服を着るようにしましょう。

夏以上に水分補給を意識

冬場は空気が乾燥しやすく気づかない間に身体から水分が失われやすくなります。
夏は汗をかくことで水分が体から失われていることに気づきやすいですが、冬は汗をかきにくいためなかなか自分が水分不足になっていることに気づきにくく、運動する際も水分摂取を怠りがちです。
喉が渇いていなくても体の水分はどんどん奪われていきますので、こまめな水分補給を忘れずに行いましょう。

トレーニング後の冷え対策をしっかり

トレーニング後、汗をかいたままの状態でしばらく過ごしていると当然のことながら汗が冷えて体温がどんどん奪われていきます。汗をかいた後はタオルなどで汗をしっかりとふきとり、濡れた衣服は着替えるなどして冷え防止に努めましょう。
急に体温が下がってしまうと体調を崩しやすくなるため、特に寒い時期には注意が必要です。

また、運動後にはストレッチなどを行い、使った筋肉を伸ばして疲労物質を長く体内にとどめないようにしましょう。お風呂に入ると血流が良くなるため、お風呂上がりのストレッチが効果的です。

冬のトレーニングの注意ポイントまとめ

冬のトレーニングの注意ポイントをまとめるとこちらです。

■ウォーミングアップは入念に
■「首」を暖め、厚手より重ね着
■夏以上に水分補給を忘れない
■トレーニング後の冷え対策をしっかり


しっかり意識してパフォーマンスUPしていきましょう!
湘南GoldenAgeアカデミー
運動塾
・藤沢江ノ島校 ・目黒校 ・湘南台校 ・汐見台教室 ・学芸大学駅前校 
・自由が丘校 ・都立大学教室 ・鎌倉教室
パーソナルコーチング
・オンライン体育家庭教師コース ・オンラインパーソナルコーチコース ・パーソナルコーチコース
タッチラグビーチーム
・ゴールデン湘南ラグビーチーム ・ゴールデン東京ラグビーチーム
サッカーチーム
・ゴールデン湘南サッカースクール ・ゴールデン湘南サッカーチーム.FCゴールデン