子どもの学力と運動能力について

文部科学省による小中学校の全国都道府県学力テストの結果と体力・運動能力の調査結果を照らし合わせたところ、
「運動ができる子どもは勉強もできる」傾向があることがわかっています。

ハーバード大学のレイテイ准教授によると、脳細胞を増やすために最も効果的な物は運動なのだとか。

また、文武両道な子どもには次のような特徴が見られると言われています。

①よく歩いている
毎日たくさん歩く子どもはストレスに対する抵抗力が高まり、勉強や宿題を最後までやり通すことが苦にならないと言われています。

②朝食をとる
朝食をしっかりとる子どもほどテストの点数が高くなると言われています。

③何度も繰り返し学べる
感じの読み書き等の記憶とボールの投げ方を覚えることは一見違う分野に思えますが、実は脳から神経に伝達する仕組みは同じ。
繰り返して学ぶことに慣れていれば、運動能力と学力ともに伸ばすことにつながります。

現代の子どもは、交通手段の発達や公園の減少により、身体を動かす機会が限られています。
そのため、意識的にスポーツを取り入れる必要があります。

たくさん動いて遊んで仲間と関わるなど、脳に刺激をたくさん与えることで脳の発達の偏りがなくなり、バランスが良くなります。

心と身体を活発に動かすことが脳の活性化につながります。
湘南GoldenAgeアカデミー
□藤沢江ノ島校 □目黒校 □湘南台校 □汐見台教室 □学芸大学駅前校 
□自由が丘校 □都立大学教室 □鎌倉教室
□オンライン体育家庭教師コース □オンラインパーソナルコーチコース □パーソナルコーチコース