モチベーションには2種類ある!

子どものモチベーションを高めるには、2種類の動機があります。

①内発的動機づけ
自分の心の中にある、「このスポーツが好き」「上達するのが嬉しい」といった好奇心などのワクワクする動機のこと。

②外発的動機づけ
「頑張ればゲームがもらえる」「怒られるからやる」などの外からもたらせられる報酬のこと。

ではどちらの動機づけが強いでしょうか?

答えは、「内発的動機づけ」です。

外発的な動機では、それが叶った時点で満足してしまうので長続きしませんよね。
なので、長期的な目でスポーツの成功を目指すのであれば、間違いなく内発的な動機の方が重要ということになります。

内発的な動機を育ててあげるには、まず子どもに自信を持たせてあげましょう。

失敗は落ち込まず、成功をとことん褒める

親御さんがこの考えをもっていれば、子どもは常に自信を持って新しいことに挑戦することができるようになります。

そして実は褒め方にもポイントがあります!

①具体的に褒める

テキトーに褒めるのではなく、「前半のあのプレーの◯◯がすごくよかった!」などと、細かいポイントを褒めてあげてください。

②努力した過程を褒めてあげる

これは科学的にも研究されていることなのですが、すごいね!上手いね!という言葉よりも、
「こんな上手くなったのは一生懸命練習してきたからだね!」といったように
その子の頑張りや努力を褒めてあげましょう。

そうすることで、上手くなるプロセスを頑張るようになり、新たなことにも積極的にチャレンジするようになるはずです。
微妙な違いですが、ぜひ意識してみてくださいね!
湘南GoldenAgeアカデミー
□藤沢江ノ島校 □目黒校 □湘南台校 □汐見台教室 □学芸大学駅前校 
□自由が丘校 □都立大学教室 □鎌倉教室
□オンライン体育家庭教師コース □オンラインパーソナルコーチコース □パーソナルコーチコース