service サービス

soccer サッカー

佐久間健太(U-7,8チーム担当)

佐久間健太(U-7,8チーム担当)

横浜F・マリノスでプロコーチ契約、法政大学体育会サッカー部監督,同大学付属第二高監督、大豆戸FC、SCHフットボールクラブ、AC等々力等で監督として指導。 指導実績 2010年,11年,16年大豆戸FC 高円宮杯神奈川県大会優勝 2015年大豆戸FC 神奈川県TOPリーグ優勝 2016年法政二校 高校サッカー選手権神奈川県大会ベスト4 2016年法政大学 関東1部5位、全日本サッカー選手権ベスト16 2017年クラブテアトロ 日本クラブユース選手権U15県大会優勝 2018年大豆戸FC 日本クラブユース選手権U15県大会優勝 2019年SCH FC 横浜市大会U8 3位

佐藤剛(U-10担当)

佐藤剛(U-10担当)

バディSCで3年間指導。その後はるひ野バディSCを立ち上げ、監督として11年間指導を行う。 麻生区ジュニアサッカー連盟役員、麻生区トレセンコーチ 指導実績 2006年度セガサミーフェアプレーカップ東京都大会 優勝 2008年度セガサミーフェアプレーカップ東京都大会 準優勝 2013年度日産カップ争奪神奈川県選手権 第3位 2015年度全日本少年サッカー大会県大会ベスト8

basketball バスケットボール

蒲谷 正之 (監修/特別コーチ)

蒲谷 正之 (監修/特別コーチ)

経歴 【横須賀市立追浜中学校】 2年時:ジュニアオールスター神奈川県代表 優勝 3年時:ジュニアオールスター神奈川県代表 ベスト5・優秀選手賞 【横浜商科大学高等学校】 2年時:インターハイベスト16 3年時:インターハイベスト16、U-18全日本ジュニア代表 【日本大学】 3年時:関東大学バスケットボール選手権 優勝、インカレ 優勝 4年時:インカレ 3位 大学卒業後はJBL三菱メルコドルフィンズ、bjリーグ富山グラウジーズでの活躍を経て2011年からは地元神奈川県の横浜ビーコルセアーズに移籍。 2012-13シーズンはキャプテンとしてチームを初優勝に導き、自身はプレイオフMVPを受賞、最高3P成功率を記録。 Mr.ビーコルと呼ばれチームの顔となった。 引退前最後の2018-19シーズンは信州ブレイブウォリアーズに移籍。B2優勝に貢献し現役生活を終えた。 多くのファンから愛され、地元チームでの功績と貢献度から横浜ビーコルセアーズ時代の背番号“3”はチーム初となる永久欠番となった。

rugby タッチラグビー

山崎 一臣

山崎 一臣

神奈川県藤沢市出身。 小学5年生時に地元の藤沢ラグビースクールにてラグビーを始める。 桐蔭学園高等学校に入学、ラグビー部に入部(現日本代表松島幸太郎選手と同期)。 慶應義塾大学入学後、学童保育で4年間アルバイト。湘南学園ラグビー部にてコーチを務める。 教育系IT企業を経て、現職。 現在は地元藤沢のタッチラグビー社会人チーム、湘南グラスボーイズに所属。 好きな食べ物は二郎系ラーメン。 第11回全国選抜高校ラグビー大会 準優勝 第90回全国高校ラグビーフットボール大会 優勝。 第17回全日本タッチ選手権オープンクラス 準優勝

lifesaving ライフセービング

草柳 尚志(ヘッドコーチ・ボード&スイム担当)

草柳 尚志(ヘッドコーチ・ボード&スイム担当)

高校までは競泳選手、日本体育大学在学中にはライフセービング部に所属。現在も同部のコーチを務め現役アスリートでもある、草柳尚志(湘南GoldenAgeアカデミーヘッドコーチ)が担当いたします。 ・2018 年 全日本ライフセービング・プール選手権大会 ラインスロー 3 位 ・2014 年 全日本ライフセービング種目別選手権大会 サーフスキー5 位 ・2012 年 全日本ライフセービング選手権大会 サーフスキー 6 位 ・2008 年 全日本ライフセービング種目別選手権大会 サーフスキー 2 位

english 英語教室

COLUMN コラム